メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

アメリカ広葉樹フロアー材のコストダウンを実現するための3つのヒント

このページはHomeの中のアメリカ広葉樹 for PRO-USEページです。

ヒント1: 3〜4種類の幅材を使用

アメリカ広葉樹材の床材の幅は80・100・130・150mmなどの幅に注目

ヒント2: Bグレード(No.1コモンを使用)

NHLA(全米広葉樹製材協会)が定めるグレードのなかで、日本に流通している一番低いグレードは、No1.コモングレードです。FAS/1Fグレードを使用した時と比較して約30%のコストダウンが見込めます。

ヒント3: 芯材と辺材を一緒に使用

辺材と芯材の色違いを取り入れること。
写真:竣工5年後のホワイトアッシュの床。右はカーペットにより遮光されていた部分。辺材と芯材の差が分かる。左は光にあたって経年変化しているため、ほとんど芯材と辺材の差がなくなっている。

ページの終了